アカシックレコードにアクセスしてリーディング&書き換えをする方法

アカシックレコードにアクセスしたことがありますか?

ない、という方、アクセスしたいと思いますか?

答えがYesなら、この記事を読んでみてください。

アカシックレコードという概念に、さまざまな観点からのアプローチを試みています。

アカシックレコードを知る人なら誰でも興味があるであろう、

アクセスの方法
リーディングの方法
・書き換えの方法

についても書いています。

もちろん、あなたにもできます!

一見つかみどころのない、フワッとしたものが、地に足のついた身近なものとして感じられると思います。


こんな人にオススメです。

・サイキックな能力に興味がある

・アカシックレコードをリーディングしたい、書き換えたい

・最近体調が良くない、運気が下がってるかも?

・ついつい感情的になってしまう

・将来を考えると、不安で仕方がない


あなたもアカシックレコードにアクセスして、欲しい未来に書き換えましょう。


こちらに関連した内容の記事をまとめておきました。

関連記事:
潜在意識とは?語る人は多いが使いこなす人が少ない理由


関連記事:
潜在意識で引き寄せる?まずは引き寄せの法則の真実を理解すること


関連記事:
必然的に私の人生は最善の結果を受け取れる、という最強のアファメーション


関連記事:
天命を待つこと、天命を知ること。潜在意識の活用の秘訣とは?

かなりの情報量になりますので、まずは、この記事をお気に入りやブックマークに追加してみてください。

興味のあるところから読み始めるのもいいですね。

時間があるときにゆっくりと読んでみてください。

読み進めるごとに理解が深まると思います。

それでは、本題に入ります。

アカシックレコードの意味とは? 

アカシックレコードの意味とは?

アカシックレコードには、全宇宙の過去から現在、未来までの全ての情報が記録されている、と言われています。

わかりやすく「宇宙の図書館」と呼ばれたりもします。


アカシックレコードの「アカシック」はサンスクリット語の「アーカーシャ」が英語的に変化した言葉のようです。

(「アカシックレコード」という言葉は、ルドルフ・シュタイナーが作った言葉と言われています。)


そして「アーカーシャ」とは、「虚空」「空間」「天空」を意味する言葉だそうです。

(by Wikipedia)


スピこじ編集長による解説です。


レコードは記録のことですから、空間に記録されているもの、というイメージでしょうか。

今時で言うなら、クラウドのようなものが思い浮かびますね。

そうなると、こちらの方がイメージしやすいかもしれません。

宇宙のインターネット

宇宙のインターネット

宇宙のインターネット、宇宙のクラウドというのが、ぴったりのイメージに感じます。

「世界のすべての現象を記録したスーパー・コンピューター」とも言われています。

誰もがアクセスできて、そこには知りたい情報がすべてある。

そんな感じでしょうか。

ユングの集合的無意識

ユングの集合的無意識

またアカシックレコードは、心理学者カール・グスタフ・ユングが提唱した心理学の概念である「集合的無意識」と同一視されることもあります。

「集合的無意識」とは、人間の無意識の深層に存在する、個人の経験を越えた、集団や民族、人類の心に普遍的に存在すると考えられる深い無意識の領域のことです。

すべての人は、集合的無意識でつながっていて、そこには誰もがアクセスできて、知りたい情報がすべてある、という点は同じと言えますね。

また、次にお話する概念とも似ていると思います。

唯識論の阿頼耶識

唯識論の阿頼耶識

顕在意識である意識と五識(五感)の下に、潜在意識である末那識(まなしき)があり、さらにその下に阿頼耶識(あらやしき)があるとされています。

阿頼耶識とは、潜在意識の最も深い部分なんですね。

阿頼耶とは、サンスクリット語で「蔵」を意味します。

阿頼耶識とは、「潜在意識の蔵」とも言えます。

つまり、阿頼耶識とは、集合的無意識と同じようなものと捉えることができると思います。

阿頼耶識、集合的無意識について、スピこじ編集長が動画で語っています。

より深く知りたい方は、聞いてみてくださいね。

アカシックレコードにアクセスする方法

アカシックレコードにアクセスする方法

ここまで見てきたように、アカシックレコードとは、宇宙規模の集合的無意識、阿頼耶識と言えると思います。

宇宙の全情報が記録されているアカシックレコードには、人が生きていく上で有益な情報が溢れているでしょうね。

では、このアカシックレコードへは、どうやってアクセスしたらいいんでしょうか?


スピこ時編集長が動画でも解説しています。


アカシックレコードは占い師や霊能者が見るもの?

アカシックレコードは占い師や霊能者が見るもの?

ところでアカシックレコードは、目には見えませんよね。

言ってみれば、あるかどうかも怪しい…

そんなものが見えるのは、霊能者か超能力者だけじゃないの?

そんな疑問が浮かんできますよね。(笑)

では、そもそも霊能者や超能力者とは、どんな人のことを言うのでしょうか?


結論から言ってしまうと、人はみな霊能者なんです。


俗に霊能者や超能力者(この2つは同義語)と呼ばれる人は、言ってみれば、一般レベルよりも感覚の鋭い人、という感じでしょうか。

これについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、参照されてください。

関連記事:
霊能者になるには?霊能者とはどういう人間なのか?

さて、ということは、誰でもアカシックレコードにアクセスできるのでしょうか?

実は誰でもアクセスしている

実は誰でもアクセスしている

そうなんです。

実は誰でもアクセスして、情報を受け取っているんですね。

わかりやすく言うと「インスピレーション(霊感)」と呼ばれるものがそうです。

同じような意味で「ひらめき」や「直観」もありますね。

ですが、この2つはどちらかというと、蓄積された知識と経験によってもたらされるという感じです。

「ひらめき」は、ずっと問い続けていた問題の答えが、ふいにもたらされる。

「直観」は、ものごとの本質を瞬時に理解する。

これに対して、「インスピレーション」は、何の脈絡もなく(問い続けていたわけでもなく)、突然やってきます。


デザイナーとしての私自身の経験から感じる、この3つの違いはこんな感じです。


「ひらめき」は、アイデアの断片としてやってきます。

たとえば「ここの仕様をどうしたらいいかなあ?」という問いへの回答ではあるのですが、まだ糸口と言う感じで、それがヒントとなって解決策が見つかる、という感じです。


「直観」は、アイデアやモノ、コトに出会った瞬間に感じるもので、「これはイケる!」とか「すごいの見つけた!」という感覚。


「インスピレーション」は、アイデアの断片ではなく、全貌が見える完成形としてやってきます。

まさに天から降ってくるという感じです。

この3つの中では一番強烈で、背筋にゾクゾクっと電気が走るような感覚があります。(あくまでも私の場合です。(笑)


イリュージョニストのプリンセス天功が、インタビューでイリュージョンの仕掛けはどうやって考えるんですか?と訊かれ、すべて夢に出てくる、と言っていました。

ディテールに至るまで詳細に夢に見るそうです。

きっと、彼女は夢でインスピレーションを受け取っていた、言い換えれば、アカシックレコードにアクセスしていたんでしょうね。


こうした経験は、大なり小なり、誰にでもあると思います。

つまり、誰でもアカシックレコードにアクセスできる、ということです。

関連記事:
チャネリングとはハイヤーセルフとつながり啓示を受ける技術

五感を超えたサイキックな感覚

五感を超えたサイキックな感覚

人間には、さまざまな情報をキャッチするための五感がそなわっています。

視覚
聴覚
触覚
臭覚
味覚

五感というセンサーで読み取った情報をもとに、脳がいろいろな判断をくだしているんですね。

そして、五感は物理世界における感覚です。

この五感を超える、つまり物理世界を超えて情報をキャッチする感覚を第六感と言ったりしますよね。

この第六感に相当する分野が、サイキックと呼ばれるものなんですね。

それぞれの五感に対応したものから、時間と距離を超越したものまで、情報空間上のあらゆる情報をキャッチします。

情報を読み取るだけでなく、情報を書き換えたり、物理世界に影響を与えたりもします。

サイキックの能力については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参照されてください。

関連記事:
サイキックの意味とは?五感を超えた能力をトレーニングする方法

上記の記事を読んでいただくとわかるように、サイキックは特別な能力ではなく、誰もが潜在的に持っている能力なんです。

能力が開発されているか、いないかの違いなんですね。

では、開発するにはどうしたらいいのでしょうか?

その答えは、アカシックレコードにアクセスすることにもつながっていきます。

アカシックレコードをリーディングする方法

アカシックレコードをリーディングする方法

アカシックレコードをリーディングするなんていうと、すごい超能力者がすることのように聞こえますよね。

でも、前章で述べたように、人間は皆もともとその能力を持っています。

その能力を開発(トレーニング)すれば、誰でもリーディングが可能です。

そして、そのトレーニング方法が瞑想なんですね。

「え? 瞑想? やったことあるけど、とくに効果は感じなかったなあ」

なんて声が聞こえてきそうですね。(笑)

では、どんなふうに瞑想したらいいんでしょうか?

感情や思考のノイズを除去する

感情や思考のノイズを除去する

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、まずは、瞑想からなにかを得ようというような、結果を求めないことです。

これは、何事も同じだと思うんですが、結果に執着すると、邪念というか、余計な感情や思考が頭から離れなくなってしまいます。

こうした、いわば感情や思考のノイズのようなものを、結果や効果を期待せずに瞑想することで除去できるようになると、心身がリラックスできるようになります。

このリラックス状態の脳波が、寝入りの直前のような、いわゆるθ波と呼ばれるものになると、それがアカシックレコードへの入り口となります。

関連記事:
瞑想の効果を最大限に発揮して臨む人生を生きる方法

瞑想を習慣化する

瞑想を習慣化する

何事もそうですが「継続は力なり」で、続けることが大事です。

続けていけば、必ず上達します。

瞑想を 続けていると、ある時点で、心が落ち着いてくるというか、心にあまり波風が立たなくなるのを実感すると思います。


私の個人的な感覚ですが、瞑想をすると、とってもスッキリします。

そのスッキリ感は、お風呂に入った後のサッパリ感に似ています。

言ってみれば、私にとって、瞑想は「心のバスタイム」のようなものかもしれません。

このくらいライトな感覚で、気軽に毎日の習慣に取り入れるのもアリだと思います。

瞑想の方法については、こちらの記事に詳しく書かれていますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:
瞑想のやり方をミスっていませんか?これだと効果は得られません

心配事や不安から解放される

心配事や不安から解放される

いつも心配事や不安を抱えて生きている、というのは、例えるなら、重い荷物を背負ってマラソンしているようなものです。

それって、かなり辛そうですよね。

瞑想がうまくなると、この重い荷物である心配事や不安をあまり感じなくなってきます。

おそらく、それはものごとの捉え方が変わってくるからだと思います。

(これは、後でもう少し詳しくお話しますね。)

結果、心が軽くなって、より瞑想がうまくできるようになり、より心が解放されていく、という好循環になります。

縁起から穢れを祓う

縁起から穢れを祓う

縁起とは、自分をとりまくモノ、コト、ヒトとの関係性です。

それがネガティブな状態になっていると、運気が下がっていくんですね。

毎日使うモノなのに、汚れたまま、破損したままにしているとか。

ストレスのたまるコトを抱えていたり、ストレスのたまるヒトとの関係を続けていたり。

(こういうことを書いてるだけでストレスを感じちゃいます。(笑)

つまり、こうした自分をとりまく環境をキレイに保つことが大事ということですね。

わかりやすいことで言うと「掃除」でしょうか。

掃除もしていない散らかった部屋で瞑想しても、落ち着かないし、心からリラックスできなそうですよね。

同じように、ネガティブな感情でつながった人間関係もお掃除が必要です。

関係を続けたいなら改善(キレイにする)を、必要ないなら思い切って処分(断捨離)を。

こうして、身近なところをきれいに保つよう心掛けていれば、心が整理されて、瞑想にも身が入るというものです。

縁起から穢れを祓うことについては、スピこじ編集長も動画で詳しく解説しています。

知識や情報をフラットに入れる

知識や情報をフラットに入れる

先ほど、心配事や不安をあまり感じなくなるのは、ものごとの捉え方が変わってくるから、というようなことをお話しました。

どう変わってくるんでしょうか?

心配とか不安というのは、今後起こりそうな出来事、つまり未来について感じることが多いと思います。

瞑想は、「今ここ」にフォーカスし、「ありのままを観る(受け入れる)」トレーニングです。

そのため、瞑想を続けていくと、過去や未来に囚われにくくなるんですね。

それと共に、モノゴトをフラットに捉える習慣が身に付きます。

知識や情報を取り入れるときに、余計な感情を載せたり、ジャッジしたりせず、できるだけフラットに捉える、ということですね。

たとえば、「年金破綻」という情報に出会ったときに、

「将来年金がもらえないの?!どうしよう‼」と思う人と、

「十分あり得ることだから、そうなってもいいように準備しよう」と思う人では、

心の波立ち具合が、かなり違いますよね。

前者は、「年金がもらえない未来」に心が飛んでしまっています。

それに対して、後者は、そうなり得る未来を想定しながらも、心は現在にいます。

このように、モノゴトをフラットに捉えられるようになると、どういいのかと言うと?

人生の可能性・選択肢を常に広げる

人生の可能性・選択肢を常に広げる

なにかに出会ったときに、チャンスの芽をみつけやすくなります。

逆に言うと、チャンスの芽をつぶしてしまうリスクが減ります。

たとえば、先ほどの「年金破綻」で考えてみましょう。

「将来年金がもらえないの?!どうしよう‼」と思った人は、それからできるだけ貯金をしようと思い、旅行に行ったり、趣味のアクティビティに参加したりということもせず、できるだけお金を使わないライフスタイルに。

「十分あり得ることだから、そうなってもいいように準備しよう」と思った人は、投資や資産運用の勉強をして、その中で出会った仲間と起業して成功し、その後もいろいろチャレンジするライフスタイルに。

もちろん、ここまで絵に描いたような違いはないかもしれません。

なにが言いたいかというと、人生の可能性・選択肢の広がり方が変わってくる、ということです。

精神的にフラットな情報処理ができると、人生の可能性・選択肢は広がります。

なぜなら「これは嫌い」「これは苦手」と決めつけて排除することがないからです。

逆に言うと、人生の可能性を選択肢を常に広げておくと、知識や情報をフラットに取り入れることができるようになる、ってことですね。

シンプルにこの方が楽しそうですよね。

関連記事:
人生楽しくない、という社会人がスピリチュアルに人生を楽しむ方法

アカシックレコードを書き換える方法

アカシックレコードを書き換える方法

潜在意識の情報世界でもあるアカシックレコードを書き換えるには、どうしたらいいでしょう?

誰でもできる方法を3つご紹介します。

・アファメーション(言葉による書き換え)

・イメージトレーニング(イメージによる書き換え)

・モデリング(理想とする人を真似ることで書き換え)

これら、書き換えについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参照されてください。

関連記事:
潜在意識の書き換えのコツは?知識ではなく実践レベルで書き換え上手になろう

未来のことは覗いた途端に書き換わる

未来のことは覗いた途端に書き換わる

未来は確定的なものではありません。

だから、占いで将来について良くないことを言われたとしても、気にすることはありません。

そうなる可能性もあるかもしれませんが、そうならない可能性も多いにあるんですから。

未来は、私たちがそれについて考えるだけで、変わっていきます。

(未来を覗くとは、未来について考えることでもあります。)

だからこそ、未来について考えることが、それも良い未来について考えることがとても大切なんです。

量子論の不確定性原理と同じ

量子論の不確定性原理と同じ

このことは、量子論の不確定性原理と似ています。

不確定性原理とは>

量子力学において、粒子の位置と運動量、エネルギーと時間などの一組の物理量について、その両者を同時に正確に測定し、決定することはできないことをいう。(大辞林 第三版より)


物理に弱い私には、なんのこっちゃ?ですが、こんな風に理解しています。

現在から未来を視るとき、

私がどこで(位置)でなにをしている(運動量)か?

いつ(時間)どんな人になっている(エネルギー)か?

これらを正確に決定することはできない。

つまり、未来は確定的なものではない、ということです。

スターウォーズの中で、修行中のルークが、レイアとソロが窮地に陥るビジョンを見て助けに行こうとする場面で、ジェダイマスターのヨーダがルークにこう言っています。

「未来は常に揺れ動いている。」だから助けに行く前に修行を終えよ、と。

大事なことなので、もう一度言います。

未来は確定的なものではありません。

未来はどうなるんだろう?と考える(覗く)だけで、変わってしまいます。

未来を考える、観察する意識が作用することで、現実や未来に影響を与えてしまうんです。

つまり、100%未来を当てるような予言や予知は存在しません。

だから、「あなたの未来はこうなります」と断言的なことを言う人は、信用しない方がいいでしょう。

では、どうやって未来を変えていったらいいんでしょうか?

ゴールを持てば、自分の運命や未来を変えられる

ゴールを持てば、自分の運命や未来を変えられる

まず、未来は変えられる、自分で創るもの、と知りましょう

そうわかった上で、心から「実現したい!」と思えるゴールを設定することです。

そのゴールへと、下記の3つの方法を駆使して、未来を書き換えていくんです。

・アファメーション(言葉による書き換え)

・イメージトレーニング(イメージによる書き換え)

・モデリング(理想とする人を真似ることで書き換え)


実は、この3つの方法は、私もコンサルティングを行う際に応用しています。

とくにモデリングは、イメージコンサルそのものと言ってもいいくらいです。

(カウンセリングでなりたい人物像がわかったら、クライアントをそこへアジャストしていくという感じです。)


心からのゴールを見つけるのは、少し時間がかかるかもしれません。

でも、考えるだけでも情報世界に影響を与えるわけですから、どんどん考えて、望む未来へと書き換えていきましょう。

関連記事:
宿命と運命の意味の違いとは?宿命は初期設定、運命は変えられる

この記事のまとめ

この記事のまとめ

アカシックレコードとは、全宇宙の過去から現在、未来までの全ての情報が記録されている「宇宙の図書館」のようなもの

・実は誰でもアカシックレコードアクセスして、情報を受け取っている

(ひらめき、直観、インスピレーション等)

・瞑想することでアカシックレコードをリーディングできる

・アカシックレコードを書き換えるには、アファメーション、イメージトレーニング、モデリングが有効

・未来は不確定なので、書き換えが可能

・ゴールを持つことで、未来を変えられる



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログの内容が役に立った、と感じた方は下のランキングバナーを押していただけるとうれしいです^ー^

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

本気で人生を変えたいあなたへ

記事を読んでくださり、ありがとうございます!

「心の豊かさ」と「経済的な豊かさ」を両立することが、幸せに生きるということだと思います。

というか、本来なら心が豊かであれば、つまり抽象思考ができている状態であれば、経済的な豊かさも実現します。

「心の豊かさ」→「経済的な豊かさ」の順番で現実化しますから。

でも、この逆もありです。

「経済的な豊かさ」がない状態で「心の豊かさ」を実現しようと頑張るよりも、先に経済を満たしてから、心を満たす方が楽だったりします。


それは、ファッションで理想の自分の見た目(外見)を作ってから、人間性(中身)をそれに近づけていく(その方が理想の実現が速い)、というプロセスに似ています。


もし、思うような現実になっていないと感じるなら、「サトリ式ビジネス講座」はそれを変えるきっかけになるかもしれません。

「サトリ式ビジネス講座」は、スピリチュアル法則を学びながら、情報発信ビジネスで豊かに成功することをテーマとしているからです。

スピリチュアルに生きることと、経済的に成功することは両立します。

というか、同じ豊かさの波動です。

・スピリチュアリティを大事にしながら経済的に豊かになりたい

・お金や時間といった現実の制約から自由になって生きたい

・ワンランク上のスピリチュアリティを目指したい

そんな人にオススメです。

ぜひ、無料のオンラインプログラムで地に足のついたスピリチュアル法則を学んで、実生活に生かしていきましょう!

こちらから無料で登録できます。↓

サトリ式ビジネス講座