ツインレイ男性は単なるダメンズ?こじらせる前に冷静になろう

あなたはツインレイの相手に出会いたいですか?

または、

あなたの彼はツインレイの相手だと思いますか?

ツインレイって、ネットでは理想的な相手のように書かれているけど、実際はダメンズが多いって知っていますか?

もしあなたがツインレイの相手に出会うために、スピリチュアリストを頼ろうとしていたり、

色々なスピリチュアリストを訪ねても、まだ気持ちがモヤモヤしたままだったり、ツインレイの相手と苦しい恋愛をしているなら、

ぜひこの記事を読んでみてください。


ツインレイ やツインソウル 、ソウルメイト に関する関連記事も紹介しておきます。

併せて読むことでより理解も深まるはずです。


関連記事:
ツインレイとの別れ?再会はあるのか?諸々考察してみました


関連記事:
ソウルメイト占いって信じていいの?相性診断の罠と正しい活用法


関連記事:
ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?プロの気功師が解説してみた


関連記事:
ソウルメイトとは何か?を運命論から離れて考えてみる


記事内にもたくさんのことを解説しているので、一度で読み切れないと感じたら、このページをお気に入りやブックマークに追加し、じっくり読んでみてください。

では、本題に入っていきますね。

ツインレイ男性は単なるダメンズ?

ツインレイ男性は単なるダメンズ?

ツインレイの男性って、ダメンズが多いって知ってました?

ネットで「ツインレイの男性とは?」って調べると、良いことばかりがずらずらっと出てきます。

でも実際の声を聞くと、「ツインレイの男性はダメンズが多い!」という女性が多いようです。

どんな風にダメンズなのかというと・・

  • 女好き
  • 依存症がある
  • DV(家庭内暴力)をする
  • 金銭面で問題を抱えている

だそうですが、私からすれば、こういうダメンズを「私の運命の人(ツインレイ)だから、何があっても愛し抜く!」みたいに執着する女性の方にも問題があると思います。

というか、こういう女性たちが彼をよりダメンズにしてしまっている!のです。


参考記事:
ツインレイとは?ダメンズウォーカーやダメンズメーカーを量産する言葉かも


後ほど詳しく書きますが、私の一歳上の姉も、こういう女性の一人でした。

ダメンズも悪いけど、ダメンズを受け入れて甘やかせてしまう女性の方にも問題があると思います。

「ツインレイの私の彼って、もしかしてダメンズ?!」と思いあたる方は、ぜひ、次の章を読んでみてください。

ツインレイ男性の特徴

ツインレイ男性の特

上に挙げたようなダメンズぶりとは裏腹に、ネット上ではツインレイ男性のことをまるでお伽話の中のプリンスみたいに書いていることがほとんどです。


例をあげて少し紹介すると・・・

1.初めて出会ったときから恋人のような感覚を覚える

2.恋愛が始まるまでに様々な試練がある

3.大きな年齢差がある(男性が年上のことが多い)

4.一緒にいて安心する

5.行動力があり、男らしい


2に関しては、一見マイナスのように思えるかもしれません。

ですが、相手がお伽話の中のプリンスで、自分がプリンセスと置き換えて妄想したとき、多少の困難がある方が、「運命の人」感を盛り上げてくれるのかもしれませんね。


この条件を読んでいて、私の元同僚を思い出しました。

彼女は、当時「韓流ドラマ」にハマっていて、ほとんどのドラマを見ているほどでした。

どこがそんなにいいのかと思い聞いてみると、彼女は嬉々として話し始めました。

まず、理想的な(美男美女だったり、お金持ちだったり)主人公の男女が印象的な出会いをする。

そして、その後やっと付き合い始めたかと思ったら(ここまでがイライラするほど長い)、またまた山あり谷ありあって問題が山積み。

そして、それらを二人で解決しながら、ようやくハッピーエンド・・というストーリーがたまらなく魅力的ということでした。


もしかしたら、自分もツインレイの男性を見つけさえしたら、このドラマのようにスリルのある恋愛をして、最後は理想的な彼と結ばれる・・

という風に、主人公の女性に自分を重ね合わせて見ているのかもしれません。

ツインレイ男性の恋愛傾向

ツインレイ男性の恋愛傾向

では次にツインレイ男性の恋愛傾向を見てみましょう。

1.嘘偽りのない真実の言葉で愛を伝える

2.命がけで愛する女性を幸せにする

3.自分よりもツインレイ女性の幸せを願っている

4.言葉より態度で愛情を示す

5.嫉妬心が強くなる


んーー、私なんかはこんな言葉を読むだけで、なんかソワソワしてしまうのですが(笑)、こういう男性に胸をときめかせる女性が多いのは、何となく想像がつきます。

意外なのは、5の嫉妬心が強くなる、ですが、こういう男性の方が好き!という女性は意外と多いです。

一歳上の姉を含め、複数の友人から聞いたことがあるのですが、「嫉妬してくれないと、愛されてるという実感がない」と言うんです。

例えば、「男性の友人と一緒に飲みに行くよ」と言っても、顔色一つ変えない彼に「本当に愛されてるの?」と感じるらしいんです。

私からすれば、それは「愛されてるから。信用されてるから」だと思うのですが、まったく反対に感じる女性が多いようですね。

ネットで出回る情報に対する違和感、、、

ツインレイに関して、ネットではたくさんの情報が出回っています。

特に女性は、ソウルメイトやツインソウルのように男女共に複数いるという関係より、ツインレイのように異性でたった一人しかいないというところに、「運命の人」感を得て、より興味が湧くのでしょうね。

でも、私は読んでいるうちに、何だか違和感を感じ始めたんです。


まるで相手が、ドラマか映画の中の主人公みたいに思えてきました。


完璧で理想的なんだけど・・・。

「こいつ、人間じゃないな!」というような違和感です(笑)

なんかこう、実際に普通の人として生活をしているところがイメージできないんですね。

でも、スピリチュアルに興味があって、かつ彼氏がほしい!と思っている女性なら、この「ツインレイ」というコンセプトに飛びついて、のめり込んで、鵜呑みにしてしまうだろうな・・。

「こんな男性と、こんな出会いをして、こんな風に恋愛したい!」

ツインレイの男性像に、そんな女性の願望が反映されてるような気がしたんです。


ちなみに、ツインレイ 女性に関しても、いろいろ調べてこちらの記事にまとめているので、参考にしてみてください。


参考記事:
ツインレイ女性の特徴とは?美人が多い?プロの気功師が調べてみてわかったこと

試しに男性の友人に読ませてみました

試しに男性の友人に読ませてみました

でも、もしかしたら、こう思ってるのは私だけかも?

と思ったので、私の男性の友人にもツインレイの男性像について読んでもらい、感想を尋ねてみることにしました。

彼曰く、

「えーーーっ、こんなステレオタイプなことを言ってる人がまだいるの?

確かにこんな男性も世界中に一人くらいはいると思うよ。

でも、ほとんどがもっと個性的なはずだ。

個性的というのは、完璧じゃない、欠けてる部分があるってことだけど。

で、そんな欠けてる部分こそが相手を好きになる理由になるんだよ。」

ということでした。

なるほど。

完璧だから好きになるのではなくて、欠点があり、そこが他の人とは違う個性になるからこそ、好きになるってことなんですね。

恋愛相手を偶像化するのは危険

恋愛相手を偶像化するのは危険

「ツインレイ」= 「理想的な運命の人」と思い込んでしまうと、とても危険です。

なぜかというと、その「理想的な運命の人」を、現実においても探し続けることになるからです。

本当のあなたの運命の人は、ずっとすぐそばにいたかもしれないのに・・・。

万が一、「理想的な運命の人」と思える男性に出会い、恋愛が始まったとしても、その人に釣り合う自分でいるために、ついつい無理をしてしまいます。

すると、 彼の前では「本当のあなた」を出せなくなってしまうのです。


それに、相手を理想化、偶像化してしまうというのは、あなただけでなく、相手に対しても迷惑かもしれません。



例えば、こんな研究結果があります。

アメリカの心理学関係の雑誌「ジャーナル・オブ・ソーシャル・アンド・パーソナル・リレイションシップ」誌によると30代後半の既婚カップル89組に「夫婦関係の満足度」を聞いたところ、

「自分よりも妻からの評価が高い」と答えた男性の夫婦関係への満足度は低く
この傾向は153組の大学生カップルにも見られた、ということです。


また、91組の未婚カップル(17-36歳)では、片方が相手のことを偶像化しているカップルは、そうでないカップルよりも離れて座る傾向があった、ということです。

そして、「なぜ理想化されるとうまくいかなくなるのか?」という問いに対して、

「相手から偶像化され、理想化されるということは、大きな期待をかけられるということだ。

相手の期待に沿えないのではないかという思いがストレスや、時には怒りになる」

と回答したそうです。


これって、一言で言えば、「相手に執着する」ということですよね。

私の友人でも、もう相手の気持ちは冷めているのに執着を捨てきれず、なおも追いかけ続けていた子は、100%別れてます。

ちゃんと話し合ってだといいのですが、男性に携帯やメールやSNSをブロックされたりして、散々な目に合ってます。(自業自得なんですけどね)


このように、相手が「ツインレイ」だと思いこむことで起こりえる現実が見えてくると、少し冷静になって、地に足のついた、将来を見越したパートナー探しができるかもしれませんね。


ツインレイ に関する、地に足のついた見解は、この【スピこじ】の他の記事を読んで参考にしてみてください。

参考記事:
ツインレイ統合は2020年にやってくる?その準備を解説


参考記事:
ツインレイ覚醒?それとも洗脳?外から見ると区別がつかないかも

ダメンズを好きになった自分を正当化する材料?

ダメンズを好きになった自分を正当化する材料?

そんな理想的な男性像を持つ「ツインレイ」ですが、

女好きで二股どころか三股も四股もかけていたり、アルコールや薬物依存症だったり、暴力を振るったり、仕事にも付かず、女性のヒモ状態だったり・・

と、実際には色々と問題があるようです。

でも、こんな所謂「ダメンズ」と付き合い続けるのは、どうしてなのでしょう?

おそらくそんな女性たちは、相手が自分の「ツインレイ」だと信じることで、

「運命の人」なんだから、何があってもついていかなきゃ!とか、

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」は、お互いの魂を磨くために出会う人たちだから、たとえ悪いことが起こっても受け入れ、乗り越えていかなきゃ!

と、自分を正当化しているのでしょう。


つまり、ツインレイ」という言葉に魅了され、自分が相手を好きだからではなく、

自分の相手が「ツインレイ」だから付き合うみたいな、本末転倒の状態になってしまっているのです。

恋は盲目、というけれど、、、

恋は盲目、というけれど、、、

「恋は盲目」という言葉がありますよね。

「恋に落ちたら、理性も常識も吹っ飛んでしまう」という意味ですね。

でも、もし「ツインレイ」と恋愛していて、楽しくない、それどころか辛いだけ・・って人がいたら、もう「ツインレイ」という言葉の束縛から逃れるべきです。

だって、そんな相手は、「ツインレイ」でも何でもなく、ただの「ダメンズ」ですから。


私の一歳年上の姉も、付き合う人付き合う人、「ダメンズ」ばかりでした。

ある人は、何人も愛人を抱えていて、それを自慢さえしていたり、ある人は、姉の部屋に転がり込んできて、衣食住すべてを姉に頼っていたり、またある人は、酒を飲むたびに暴れて、姉に暴力を振るったり。


そんなにまでされているのにも関わらず、姉はいつも、

「あの人と私は互いに運命の人同士だから、あの人は私でないとダメだし、
私はあの人でないとダメなの。」

と、言ってました(汗)


ところが、そんな姉が、同じくダメンズと付き合っていて、辛くてたまらないと相談してきた友人には、冷静に、いかにも常識的なことを言ってるんです。

ちょっとこれには唖然としましたよ(苦笑)

恋愛に関することになると特に、女性は自分を客観視できなくなるんですね。

恋愛系スピリチュアルジプシーにならないために

以前、別の記事でも書いたのですが、

女性が恋愛に関する悩みごとを抱えている時って、心が一番弱く脆くなっている状態です。

そんな時に考えることは、スピリチュアリストのところに行って、将来を占ってもらおうとか、リーディングしてもらおうとか・・・。

でも、もしそこで悪いスピリチュアリストに当たってしまったら、1度のセッションでは終わらず、

言葉巧みに次のコース、そしてまた次のコースと、どんどん高価な商品を勧められ、

気づいたら、役に立たない情報だけはたくさん得たけど、肝心の自分の将来については漠然としたまま・・・。

そして、漠然としたままなので満足できず、また別のスピリチュアリストの元へ行き、同じようなことを繰り返して・・

そしてその内に「スピリチュアル・ジプシー」になってしまうんです。


私のクライアントにも、そういう人はたくさんいます。

彼女たちは、すでにそういった「悪いスピリチュアリスト」の元に通い続け、すでに〇百万円も使ったという人もいました。

でも、ほとんど効果は見られず、また他のスピリチュアリストを探して・・という行為を繰り返していた、と言うのです。


でも、幸いなことに、そんなクライアントの方たちは、私のセッションを受けられた後、「こんなに納得できたのは、初めて!」と驚かれ、

「もう他のスピリチュアリストのところへは行かなくて済みます!」と笑顔で帰っていかれます。


たった一度のセッションでです。

だから、一度セッションを受けてみて、ほとんどプラスになることがなければ、もうそこには行かないで下さい。

驚かせるつもりはありませんが、

一旦スピリチュアル・ジプシーになってしまったら、お金を失うだけじゃなく、あなたの精神まで混乱させられてしまいますよ。


参考記事
「ツインソウルを占いで探すのは危険?思い込みで信念は強化される」


参考記事:
ツインソウルとは不倫の言い訳なのか?スピ難民たちの不都合な真実


そして、スピリチュアル・ジプシーにならないためには、もう一つ。

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」という言葉に惑わされないということです。

それらを全部ひっくるめて、「縁のある人」くらいに、かる~く、ゆる~く思っているのがいいでしょう。

ツインレイだけが特別な人ではない

前章で書いたように、

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」
「縁のある人」くらいに軽く思うことが大切です。

これはなぜかと言うと、「ツインレイ」という言葉に執着してしまうと、出会いの可能性が大きく狭まってしまうからです。

そして、これはどういうことかと言うと、自分の感情は無視して、占いなどによって「ツインレイの相手とされた人」を探し求めてしまうということです。

ツインレイという言葉に捕らわれるとせっかくすぐそばに一生幸せに、共に生きていける相手がいるのに見過ごしてしまう、ということも考えられます。


ツインレイでなくても、幸せなカップルはたくさんいます。


ツインレイという言葉に捕らわれないだけ、出会いも多くなり、それだけカップルになるチャンスも多くなるからです。


例えば私の知人に、もう80歳を超える仲の良いご夫婦がいます。

二人は当時、日本でいう「お見合い」のような「ブラインド・デート」で知り合いました。

互いに最初はピンと来なかったようで、特に妻のアンの方は「初めてのデートだというのに髪はボサボサ、シャツは皺だらけの彼を見て、その瞬間にこれはないわ、と思った」ということです(笑)


しかも夫のエリックとアンは同じ年。

かなりの年齢差があるというツインレイの条件には当てはまりません。


かつ、その当時はエリックは失業中。

これも一緒にいて安心できるというツインレイの条件には当てはまらないと言っていいでしょう。

ところがその後、偶然にも旅先で顔を合わせた二人は、共に観光地を巡り仲良くなっていきます。

そしてその翌年結婚するのです。

二人には子供はありませんが、それだけに二人はいつも一緒で、いつお邪魔しても笑いの絶えない仲睦まじさを見せてくれます。

魂・スピリチュアルを使って差別するのは危険

魂・スピリチュアルを使って差別するのは危険

また、もう一つ気をつけて頂きたいことは、

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」などを、「特別な魂の結びつきのある者同士」と定義されることによって、差別意識が生まれてしまうということです。

例を挙げて説明しますね。

前世であなたが何か罪を犯し、あなたのツインレイにその罪を被せて逃げ、相手が身代わりに囚われたとします。

そんなあなたの魂は汚れているから、今世では一生ツインレイの相手に尽くさなければならないと、スピリチュアリストに言われたとします。

そして「あなたのツインレイはこんな人です」といくつか身体的特徴などを挙げられたとします。


つまりあなたは、これからその「ツインレイ」の相手を探し出して恋愛し、相手がたとえどんな「ダメンズ」だったとしても、

前世からの相手との「魂の結びつき」を理由に別れることもできず、一生を奴隷のように相手に尽くしていかなければならないのです。

そんなのって、おかしいし、理不尽だと思いませんか?


だって、そんな前世があったかどうか証明できるものは何もないし、仮にあったとしても、前世でのこと。

「魂の結びつき」を理由に、なぜ今世までも、どこの誰かも知らない人に、一生仕えて生きていかなくちゃならないのでしょうか。

そんな滅茶苦茶な筋書きが、スピリチュアルの世界では、いとも簡単に通ってしまう場合があるので要注意です。


ちなみに、【スピこじ】編集長も以前、ツインレイ、ツインソウル 的な縁を感じる女性との別れを経験したそうですが、その後、別の女性と幸せな結婚をしています。


スピリチュアルが好きでも、証明不能なオカルトで迷信チックな考えに捕まりすぎると、自分で自分を不幸にしてしまうので、注意が必要ですね。


こちらも、編集長による記事です。

参考記事:
恋愛と引き寄せの法則 ソウルメイトやツインソウルとの出会い、別れ

この記事のまとめ

さて、ここまで読んでこられて、いかがでしたか?

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」・・・

とてもロマンチックな響きですよね。

ついつい「私の運命の人って、どんな人なんだろう?」と妄想が広がってしまいます。

今回はちょっと辛口の内容だったかもしれませんが、「ツインレイ」などの言葉を耳にした時に思い出してほしいことを書いてみました。

1.ツインレイの相手にはダメンズが多い

2.ツインレイに執着することで、幸せになれる相手との出会いの可能性を却って狭めている

3.確実な未来を知りたいがために、スピリチュアリストをはしごする「スピリチュアル・ジプシー」になってしまう

4.「ツインレイ」などの言葉を「特別な魂の結びつきがある者同士」と

定義づけされることで、理不尽な差別を受ける可能性がある


この記事が、あなたにとって、

「生涯幸せに、共に生きるパートナーと出会うためのヒント」

となれば幸いです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログの内容が役に立った、と感じた方は下のランキングバナーを押していただけるとうれしいです^ー^

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

本気で人生を変えたいあなたへ


最後まで私の記事を読んで下さってありがとうございました!

スピリチュアル・カウンセラーとして12000名以上のクライアントと接してきた中で感じたことは、多くの方が「付け焼刃のスピリチュアリスト」、「フワキラ系のスピリチュアリスト」 の役に立たない情報の波に翻弄されてしまっている、ということでした。

悩みを解決するどころか逆に溺れてしまっている現状に、「本物のスピリチュアル」「役に立つスピリチュアル」を伝えていくべきとの考えから、サトリさんのブログでライターをさせて頂くことにしました。

一人でも多くの「スピリチュアル難民」が、自分の求める道を見つけることのできるような記事を提供していきたいと思っています。

話は逸れますが、私は幼少の頃から無類の本好きで、通学・通勤途中での信号待ちの数分間も、本を開いて読むというほどでした。

それは現在でも続いており、年に1度の里帰りの際には、日本語の本を60冊ほども買って来るほどです。 特に興味のある分野は、仕事でもあるスピリチュアル関係とアート関係、そして自己啓発関係、小説などです。

しかし、その60冊の中でも本当に読んで良かったと感動できる本は、1-2冊です。残念ながらそのほとんどが、大切なお金を出して買ったこと、大切な時間を使って読んだことを後悔するようなものなのです。

ベルギーに移住してから、自身のブログを立ち上げ、こちらでの生活について、スピリチュアルについて、アートについての情報を少しづつ発信してきたのですが、その際に色々な方のブログも見て回るようになりました。

しかし、ほとんどのスピリチュアル系、自己啓発系の方たちのブログの記事は、内容の薄いものであったり、「売りたい」エゴが先走ったものであったりと、心に響いてくるものがありませんでした。

そんな時目に留まったのが、唯一サトリさんのブログ「悟りの書 ~左脳系スピリチュアルのススメ~」だったのです。

読み応えたっぷりで、各記事で伝えたいことが最初から最後までブレていないので理解しやすく、私がクライアントに指導してきた「地に足のついたスピリチュアル」について書いておられることから、「この人はすごい!」と、たちまちファンになってしまいました。

今まで読んできた本は何だったのか、と比較すらできないほど興味深い内容で、次から次へと記事を読みふけってしまいました。

その流れで、サトリさんのオンラインプログラムを受講させて頂いたのですが、メールと音声と動画での立体的な学習構成で、とてもわかりやすく、かつ実践的です。

信じられないことに、こんなに充実した質の高い内容を気前よく無料で提供して下さっているので、本物のスピリチュアルを知り、役に立つスピリチュアルを実践したいという方は受講して絶対に損はないです。

というより、受講しないと損です。

ぜひ、ご一緒に学んでいきましょう!

サトリ式ビジネス講座