ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?

どうも、気功師の齋藤です。

今回の記事ではソウルメイトの特徴と、ソウルメイトと恋愛成就するための考え方についてまとめ記事を書きました。

実は僕の隠れた気功の特技に「縁結び」や「モテ気功」があります。結果の出る縁結び気功師の視点から、ソウルメイトについてまとめました。

・ソウルメイトと出会えなくて悩んでいる

・相性がいい人や自分が望む人と付き合うことができない

・出会いがなくて困っている

という人は是非目を通してみてください。ソウルメイトと出会って結ばれるにはまずはマインドセットを整えることが大切です。

ぜひ、この記事でソウルメイトと出会って結ばれるためのマインドセットを獲得して恋愛成就を果たしてください! 

また、関連した内容の記事をこちらにまとめておきました。

関連記事:
運命の出会いを引き寄せる!占いや霊能者やスピよりも効果的な方法

関連記事:
引き寄せの法則で恋愛は成就する?引き寄せ難民にならないための注意点

関連記事:
引き寄せの法則で復縁を願うと危険な7つの理由

関連記事:
ソウルメイト占いって信じていいの?相性診断の罠と正しい活用法

併せて読むことで、この記事の内容もより、理解が深まり、自分の中に落とし込めるはずです。

ボリュームがあるので、この記事をまず、お気に入りやブックマークに追加してみてください。

興味のあるところ、必要だと感じるところからじっくり読んでみてください。

では、本題に入りますね。

ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?

ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?
ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?

さて、今回の記事ではソウルメイトの特徴と恋愛成就のためのポイントについて解説していきたいと思います。

ソウルメイトという言葉はスピリチュアル業界でよく耳にする言葉ですが、まずは意味をしっかりと確認していきましょう!

ソウルメイトとは?

ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?
ソウルメイトの特徴と恋愛成就の可能性は?

ソウルメイトについて調べてみると、意外にもWikipediaに掲載されていました。今回はWikipediaにある内容をベースに話を進めていこうと思います。

Wikipediaによるとソウルメイトとは

ソウルメイト (soulmate, soul mate) は、soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を組み合わせた英語の造語で、魂の伴侶のこと。

一般的には、共通の価値観や好みといった深い親和性のある相手、気性の合った人、初対面でも直感的に懐かしさを感じる人、ロマンチックな結びつきのある相手、運命の伴侶、特別な恋人、相思相愛の相手、互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人、深い縁を持つ人などを意味する。


転生説を信じる人が、過去世から何らかの縁があると考える相手、または同じ魂のグループ(類魂)に属すると考える相手をソウルメイトと呼ぶこともある。

と書かれています。

押さえておきたいポイントとしては深い親和性のある相手のことをソウルメイトと呼ぶのであって、必ずしも転生説を信じて過去世や前世のつながりを信じる必要はないということですね。

過去世や前世ということに半信半疑な人でも、ソウルメイト=親和性の高い人、という考え方は納得しやすいですね。


関連記事:
ソウルメイトとは何か?を運命論から離れて考えてみる

関連記事:
前世の記憶を思い出した子供たち、、、信憑性とその意味は?

ネット上の情報の注意点

ネット上の情報の注意点
ネット上の情報の注意点

さて、ネットでの情報をまとめてみると先ほど書いた親和性や相性といったもの以外にも、前世での繋がりを感じるといったオカルト的な情報も書かれていることが多いです。

過去生や前世、来世などなど輪廻転生や生まれ変わりの考え方を前提にしてる情報が多いのですが、これらは科学的に証明されておらず、検証自体も不可能です。

仮に前世との繋がりを感じた人と恋愛関係になって相性が良かった、という人がいたとしてもそれは個人の体験談に過ぎないので客観性がないということですね。

これはソウルメイトのような人間関係だけに限らず、ヒーリングや気功、ホメオパシーのような代替医療や民間医療でもよくある問題なので、個人の主観を信じすぎずに情報を吟味してみることが重要です。

病気に関わることであれば薬事法といった法律で規制がされていますが、ソウルメイトのような人間関係に関わるものは規制がされていないので、出回っている情報が玉石混交だということは覚えておきましょう。


関連記事:
前世占いは当たるのか?前世を知るのは何のためか?


関連記事:
占い師&当たるで検索すると驚愕?!の結果が表示されます

前世や来世など証明不可能なことは線を引く

前世や来世など証明不可能なことは線を引く
前世や来世など証明不可能なことは線を引く

前世や生まれ変わりといった検証不可能なものを持ち出さなくても、ソウルメイトと形容したいほど相性のいい人や、初対面でも親密さを感じる人というのは確かに存在します。

そういった存在とパートナーになることが出来れば人生の幸福度は高まります。

そういった人と出会って親密になってから「前世との繋がりがあるのではないか」と思うことは個人の自由ですが、

逆に最初から検証不可能な「前世との繋がりがある人」を求めてしまうと、検証不可能な雲をつかむような話になって時間や機会をロスしてしまいます。

前世的な繋がりを結果的に感じることはあるかもしれませんが、検証不可能なことを追い求めすぎずに線引きして人間関係を構築するほうが、出会う人や関わる人が増えて自分に合う人と出会える確率も高まります。

オカルト的な発想に振り回されずに、現実的に考えたほうが結果的にソウルメイトとの出会いを果たす可能性が高まるというのは重要なポイントです。


関連記事:
宿命と運命の意味の違いとは?宿命は初期設定、運命は変えられる

関連記事:
天命を待つこと、天命を知ること。潜在意識の活用の秘訣とは?

異性のソウルメイトの特徴とは?

前世や来世など証明不可能なことは線を引く
前世や来世など証明不可能なことは線を引く

恋愛関係となるソウルメイトとの特徴についてネットで調べてみました。


ソウルメイトと出会った瞬間にお互いわかる?17個の見分け方・確認方法

では、
1. 出会った瞬間に懐かしさを感じる
2. 直感が働く
3. 目でわかる

4. 偶然に何度も会ってしまう
5. 頭から離れない
6. 一緒にいるととても落ち着く
7. 一緒にいることがとても自然体
8. 似ていることや共通点が多い
9. 相手の考えていることがわかる
10. あ、うん(阿吽)の呼吸ができる
11. なぜか、とても気が合いすぎる
12. 波長が合う
13. 喧嘩をしても叱られても不思議と嫌いにはならない
14. 自分よりも相手の幸せを優先できる
15. 自分の誕生日や家族の誕生日が似ている
16. 迷っているときや辛いときに出会う
17. お互い成長できる関係

ソウルメイトとは?11個の特徴と出会い方

では

1.出会った瞬間他の人とは違うことがわかる
2.懐かしい気持ちになる
3.言わなくても意思が通じる気がする
4.相手のことが頭から離れない
5.何度も目が会う
6.一緒にいるとリラックスできる
7.自然体で共に過ごせる
8.共通点が多い
9.喧嘩してもすぐに仲直りできる
10.性格の波長が合う
11.お互いがいい関係を築けている

その他のサイトを見てみると、基本的には初対面から親密さを感じる、言葉を多く交わさなくても打ち解けられるといった要素が述べられています。

まとめてしまえば「相性がいい」ということで、ソウルメイトという大げさな言葉を使う必要があるのか少し疑問が残るような気もしなくもありません。

というのがまとめてみて感じたことです。(気功師らしからぬ感想かもしれませんが)

ソウルメイトの注意点

ソウルメイトの注意点
ソウルメイトの注意点

さて、ソウルメイトについて調べてみるといわゆる世間一般で言う「相性がいい人」をスピリチュアルな用語でソウルメイトと呼んでいるだけということがわかります。

あえて例えるならば日本語で「犬」と呼ぶところを英語では「Dog」と呼ぶというような感じですね。

ソウルメイトというものをよく調べてみると、良好な人間関係を表す言葉だということがわかります。

こういった人間関係にスピリチュアル的な発想を持ち込んだときに、こじらせすぎて良好な人間関係を気付けなくなるケースをこれまで見てきましたので、それについても少し触れたいと思います。

恋愛にソウルメイトというものを持ち込む上での注意点を知ってもらうことで、ソウルメイトとの出会いを逃さずに済むようになります。

悲劇のヒロイン症候群

悲劇のヒロイン症候群
悲劇のヒロイン症候群

気功師として仕事をしていてソウルメイトと出会えずに人間関係に悩む方や、あるいは天命やミッションが見つからずに悩む方をたくさん見てきました。

そういった方のほとんどは「運命」や「前世からの結びつき」という自分以外の大きな力を原因にして、自分の欠点や問題点を解決しようとしないという傾向にあります。

例えば「天命」や「やりたいことが見つからない」という人ほど、「やりたいこと」が見つからないのではなく本人の能力不足で「やれること」がないというケースが多いです。

それと同じで自分に性格や対人スキルに問題があって、人間関係のキャパシティが少ない人ほど、運命論や前世的な検証不可能な都合の良い考えを持ち出して、人を一方的に遠ざけたり判断しようとする傾向にあります。

自分の欠点と向き合わずに、運命というものが自分に悪く作用していると考えて悲劇のヒロインのように自分を考えてしまうと、欠点を修正できずにいつまでも自分で作り出した「運命の悲劇」を無限ループで繰り返してしまいます。


関連記事:
ツインレイ男性は単なるダメンズ?こじらせる前に冷静になろう

関連記事:
ツインソウルとは不倫の言い訳なのか?スピ難民たちの不都合な真実

関連記事:
ツインソウルを占いで探すのは危険?思い込みで信念は強化される

自己正当化の言い訳に使わない

自己正当化の言い訳に使わない
自己正当化の言い訳に使わない

世の中を見ると、自己正当化のために前世やソウルメイトといった言葉を使って自分を正当化しようとする人がたくさん見受けられます。

スピリチュアルな発想や本来は自分と向き合うために使われるものですが、自分と向き合わずに目に見えない世界に縋ってしまう人が増えているという皮肉な状況を生み出しています。

また、そういった人ほど自分の内面的な世界に逃げこんで周囲とトラブルがあったときにも自分を変えようとせずに言い訳する傾向になるので、徐々に周りから人が離れていってしまいます。

周りの人の信頼を失わないように

周りの人の信頼を失わないように
周りの人の信頼を失わないように

運命や前世といった自分以外の大きな力を持ち出してトラブルから目を背ける人は結局は自分で自分をコントロールする能力がないということです。

人間は誰もが不完全な部分を持っていますが、自分のコントロールを最初から諦めている人はそのネガティブな雰囲気が周囲の人にも伝わって周りの人が最終的には離れていってしまいます。

スピリチュアルな世界はキラキラした言葉や考え方にあふれていますが、それを使いこなして結果を出せる魅力的な人と、スピリチュアルの世界に逃げて自己欺瞞している人に分かれています。

そして、自己欺瞞している人はどれだけ負の部分を隠そうとしても必ずそれが無意識の言動や振る舞いに現れていきます。

その人の生き方や考え方、臨場感は表情や目つきにも現れるので自己欺瞞に陥っている人は実際にあってみると表情が死んでいたり、目が濁っていることが多いです。


関連記事:
信頼関係と親近感は別物?正しい信頼関係の構築とは?

恋愛成就の可能性は?

恋愛成就の可能性は?
恋愛成就の可能性は?

さて、肝心の恋愛についてですがソウルメイトの特徴で分析した通り「相性の良い人」が結果的にソウルメイトと呼ばれるだけであり、結ばれたからこそ縁があったという結論になっているということがわかります。

ソウルメイトというものがあらかじめ用意されているのではなく、相性が良い人と付き合えたから結果的にソウルメイトという関係性になったということです。

すると、ソウルメイトと結ばれる可能性=現実的な人間関係のスキルという図式になります。

何事も不可能ではない

何事も不可能ではない
何事も不可能ではない

さて、ソウルメイトと結ばれるには現実的なコミュニケーションスキル、恋愛スキルが必要となります。

ということはこれから自分を成長させていけば、どんどんソウルメイトと出会う可能性が高まっていくということになります。

人間は生まれる時代や国、両親といったものを選ぶことは出来ませんのでそういった意味では抗いようのない運命というものは存在します。

ただ、幸いにも自分がどのような人とどのような態度で付き合うか、どのような交友関係を選んでいくかということは大人になれば自由に選ぶことが出来るようになっていきます。

どれだけ過去に失敗や苦労してきた人でも、人間は変われるというのは脳科学を基にしたコーチングや、スピリチュアルや気功の世界でも言われています。

自分と相性が良い人と結ばれるかどうかは現実的なスキルの問題であり、だからこそ誰でもそういった能力は伸ばしていくことが可能ですから、ソウルメイトと結ばれることは誰にでも可能だということが出来ます。

既婚者や年の差婚もあり得る

既婚者や年の差婚もあり得る
既婚者や年の差婚もあり得る

世の中の幸せなカップルは年齢や立場が似通っていてスムーズに結ばれる方もいれば、年齢や立場が違っていたり出会った時点では相手が既婚者だというケースもあります。

例えば僕の知り合いは奥さんが20歳以上年上で離婚歴がありますが、そういったことを気にせずにトータルでは幸せに暮らしています。

ただ、それでも共同生活をする中でお互いの考え方や生活パターンの違いなどで喧嘩しているといった話も聞いています。

立場や境遇の違いを乗り越えて結ばれることは可能ですが、それは『ソウルメイトだったから』が理由ではなく本人たちの努力と選択の結果です。

そして愛情関係というのも「運命」や「前世」のような根拠のないもので維持されているのではなく、当事者同士の努力によって形成されているということが友人のケースからもわかります。

ソウルメイトだから、と考えるのはNG

ソウルメイトだから、と考えるのはNG
ソウルメイトだから、と考えるのはNG

幸せな恋愛にしろ、困難な恋愛を成就させた人に対して「ソウルメイトだったから」と考えるのは失礼な話で、現実を知らない人の考え方です。

また、ソウルメイトを過度に求める人はどこかに「理想の恋人」がいると信じている傾向にありますが、この世界に100パーセント自分に都合の良い存在はそもそもいるわけがありません。

自分が「誰かのソウルメイト」や「相手にとっての理想」になろうとすることは出来ますが、どこかに都合の良いソウルメイトがいると考えるのは単なる甘えに過ぎません。

大切なのはソウルメイトであろうともなかろうとも、目の前の人間に対して敬意を持って接するということに尽きます。

周囲に対して敬意を払うことで、結果的に周囲も自分に敬意を払ってくれる。

それが自立した人間関係であり、真のスピリチュアリティーに基づいた関係性と言えます。

好きになったのなら自分の感情に自信を持てばいい

好きになったのなら自分の感情に自信を持てばいい
好きになったのなら自分の感情に自信を持てばいい

自分の感情の言い訳や正当化のためにソウルメイトや前世を自信を持てていない、精神的に自立できていない状態です。

どこかに自分にとって「都合のいい相手がいる」ということをソウルメイトというキラキラした言葉で粉飾しているに過ぎません。

ソウルメイトかどうか関係なく、目の前の相手に好意があるのであればスピリチュアルの大袈裟な言葉に振り回されずに素直に「好き」でいればいいし、より親密になりたいのであれば相手を理解して、同時に相手にも理解されるように自己開示していけば良いだけです。

運命や前世の繋がりなどなくても、好きな相手と相互理解できるというセルフイメージを持つことで結果的にソウルメイトと呼べるような関係性を構築することが可能となります。


ちなみに、スピこじ編集長もツインソウル(ツインレイ?)と思われる女性との別れをきっかけに、意識面の大きな変化があったそうです。

こちらの動画で恋愛遍歴なども含めて語っています。


ソウルメイト、ツインソウル、ツインレイを呪いにしないために【サトリの恋愛遍歴】

責任回避のために前世や過去生を持ってこないこと

責任回避のために前世や過去生を持ってこないこと
責任回避のために前世や過去生を持ってこないこと

自分に自信がなく、自分に選択の自由がない、と考える人ほど、運命や前世、魂の結びつきなど証明不能なものを根拠に据える傾向にあります。

人間は自分が信じるものや受け入れたものに合致する情報だけを選ぼうとする性質があります。

そういった情報選択を行うときに無意識に認知が歪むことをバイアスと呼びます。

根本的に自分に自信がない人は、無意識に好意を持った相手を避けてしまったり、相手の好意を試そうとしてしまう傾向にあります。

根本がネガティブだとスピリチュアルな考え方がそれを増幅してネガティブな関係性や現実を創り出してしまいます。

そういったパターンが長く続いている人は、まずはスピリチュアルとの関係性から見直していきましょう。


関連記事:
責任を英語で考えると本来のポジティブな意味がわかる

自信のなさの裏返しでスピリチュアルに傾倒しないこと

自信のなさの裏返しでスピリチュアルに傾倒しないこと
自信のなさの裏返しでスピリチュアルに傾倒しないこと

スピリチュアルや信仰というものはキラキラした言葉で自分の欠点やネガティブな部分をキラキラ粉飾するためではなく、現実的に自分の能力やチャンスを開花させていくためのツールです。

スピリチュアルに依存して自分の心に閉じこもるのではなく、自分のスピリチュアリティーを信じて現実と向き合い、改善し続けること、自分の魂に磨きをかけ続けることが何よりも大切です。


スピリチュアルと恋愛に関しては、こちらの動画で語っているスタンスがオススメです。

恋愛にスピリチュアルを役立てる

この記事のまとめ

この記事のまとめ

では、今回の記事の内容をまとめて箇条書きにしました。

・ソウルメイトの特徴は簡単に言えば相性がいい人のこと

・ソウルメイト(相性がいい人)を前世信仰を持つ人が、前世で出会っていると結果論的に言っているに過ぎない

・自分の欠点に蓋をしてどこかにソウルメイト(都合がいい人)がいないかと考えていると、いつまでたってもソウルメイトと出会えない

・ソウルメイトも人間関係の一種、結ばれるには対人スキルや人間性を磨くことが必要不可欠

・愛情は運命や前世から与えられるのではなく、日々メンテナンスして維持していくもの

・現実から逃げるためにスピリチュアルを使うのではなく、現実と向き合うためにスピリチュアルを使っていく

天は自ら助くるものを助く、という言葉があるようにソウルメイトと結ばれるには日頃からの準備が大切です。

そして、自分がソウルメイトを求めるのではなく、自分が誰かにとってのソウルメイトになるように魅力的な人間になれれば、自然と目の前にソウルメイトが現れることになります。

人を愛せるような人間になれば結果的に人にも愛されますので、スピチリュアルを生かしてどんどん魅力的な人間になっていきましょう!

関連記事:
恋愛と引き寄せの法則 ソウルメイトやツインソウルとの出会い、別れ



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログの内容が役に立った、と感じた方は下のランキングバナーを押していただけるとうれしいです^ー^

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

本気で人生を変えたいあなたへ

スピリチュアルの用語である「鏡の法則」という言葉をご存知でしょうか?

今目の前にある現実世界は実は自分の心や魂の投影であるという考え方を表した言葉です。

現実がうまくいってないということは魂や心のどこかに自分でも気がついてない迷いがあるということです。

自分の魂や波動が成長すれば、それに合わせて鏡である世界も同時に豊かさをもたらしてくれます。

ですが、自分の魂や波動というものは形がないものなのでそこに直接アプローチして「豊かさ」を手にしようとすることは困難です。

逆説的ではありますが、私たちが自分の心の鏡である「社会」や「つながり」に豊かさやポジティブな情報をエネルギーとして発信することで、私たちの魂や波動も磨かれていきます。

魂の成長と実社会で幸せに生きるためのノウハウを、【スピこじ】代表の金山がオンラインプログラムとして無料で公開しています。

スピリチュアルな法則を活用して自分の魂を犠牲にすることなく、お金や人間関係の自由を手にするための方法について無料で講義を公開しています。

本講座「サトリ式ビジネス講座」のテーマは「スピリチュアル法則と情報発信で豊かに成功する」ことです。

・よりスピリチュアルなレベルアップをしたい
・お金の悩みや仕事の悩みを解決したい
・時間やお金に悩まずに自由に生きたい

といった方はぜひこちらのリンクからオンラインプログラムに登録してください。

一見すると水と油のようですが、一つ上の抽象度で見てみると自分の魂やスピリチュアリティーに従って生きることと、実社会で成功してお金や人間関係の悩みに問われずに幸せに生きることは同じことです。

ぜひ、オンラインアカデミーで実社会に活かせるスピリチュアル法則を学んでください。

サトリ式ビジネス講座