ツインソウルを占いで探すのは危険?思い込みで信念は強化される

あなたは占いを信じますか?

悩みごとがあるとき、占いに答えを求めたい気持ちはよくわかります。

でも、ちょっと待ってください!

悩みごとがあって、気持ちが不安定なときに占いに頼ることはとても危険だと気づいていますか?

統計によると占いを利用するのは20代から30代女性がメインだそうですが、その中でも恋愛に関する相談がもっとも多いそうです。

占いの結果、「あなたのツインソウルやツインレイはこんな人です!」と言われたら、あなたはどう感じ、どう動き、そしてそれがどんなに危険かをシュミレーションしてみました。

占いに行かれる前に、5分だけ割いて、まずこの記事を読んでみてください。

また、関連した内容の記事をこちらにまとめておきました。

関連記事:
ツインレイとの別れ?再会はあるのか?諸々考察してみました

関連記事:
ソウルメイト占いって信じていいの?相性診断の罠と正しい活用法

関連記事:
運命の出会いを引き寄せる!占いや霊能者やスピよりも効果的な方法

関連記事:
引き寄せの法則で復縁を願うと危険な7つの理由

併せて読むことで、この記事の内容もより、理解が深まり、自分の中に落とし込めるはずです。

ボリュームがあるので、この記事をまず、お気に入りやブックマークに追加してみてください。

興味のあるところ、必要だと感じるところからじっくり読んでみてください。

では、本題に入りますね。

ツインソウルを占いで探すのは危険?

ツインソウルを占いで探すのは危険?

あなたは、占いって好きですか?信じますか?

私は、スピリチュアル・カウンセラーをしていますが、実は占いって信じたことないんです。

というのは、「スピリチュアル」とは「より良く生きていくスキル」であり、「占い」とはまったく別のものだからです。

「Rieさんの言うこと、ぜんぶ当たってます!」

ということをよく言われますが、「当たってる」というのは、占いに対して使う言葉なので、スピリチュアルを占いと混同されている方が、まだまだ多いのかな、と感じています。

それは置いておいて、占いって本当に流行ってますよね。

特に日本人は占い大好き!って方が多いです。

私は現在ベルギーに住んでいるのですが、大阪に里帰りした時に、「占い館」とか、手相や四柱推命のスタンドなどを街中でよく目にします。

また、ネット上でも星占いを初めとして、「〇〇占い」とか、「XX鑑定」などの日本のサイトをたくさん見かけます。

ベルギーはどうかと言うと、星占いのコラムが女性向けの雑誌にちょこっと載ってるかな、という程度です。

「血液型占い」なんて「何、それ?」って感じです。というか、自分の血液型すら知らない人が多い(汗)

でも、どうして日本人は、こんなに占いが好きなのでしょうか?

「日本人は特定の宗教を持たない」と言われていますが、それは裏を返せば、「どの宗教であっても受け入れる」ということで、それは日本人がクリスマスを祝ったかと思えば、正月には寺や神社に参拝するという習慣にも表れています。

だから、日本人は宗教よりも、個人を信じる傾向があるのではないか、と思うのです。

つまり、

・「自分はいつ生まれたか?」➡星占いなど

・「自分の血液型は?」➡血液型占い

・「自分の名前、漢字の意味、画数の意味は?」➡四柱推命など

・「自分の手の平についた皺の線の意味は?」➡手相

・「自分はどのカード(ボトル)を選ぶのか?」➡タロット、カラー占いなど

など、

「自分だけが持つもの」か「自分が行うこと」で占える結果を信じやすいということです。

そして、それがあなたの運命を狂わせる危険性を孕んでいるのです。

私はここで占いそのものの真偽を問いたいわけではないのですが(そもそも真偽って個人の主観ですし)、スピリチュアル・カウンセラーとしてお話し、いやお願いしておきたいことがあります。

それは、「占いの結果にコントロールされないで!」ということです。

あなたが占いをするのは、「不確実な未来を確実なものとして見たい、感じたい」からだと思うのですが、その結果を信じこんでしまうと、

あなたの人生の本当の可能性を狭めてしまうか、完全に消去してしまう

ことになるからです。

特に、恋愛関係の占いには要注意です。

というのは、統計を見てみると、20代女性が全体の約40%を占める割合で、占いを利用しているという結果が出ているからです。相談事の内容も「恋愛」についてが最も多く、その内訳は「復縁」「不倫」「出会い」となっています。

私のセッションに来られるクライアントも、「恋愛」「結婚」について尋ねられる方がほとんどです。

特に、「運命の人」と言われる「ツインソウル」とはどうしたら会えますか?という質問が多いのです。

ソウルメイトとツインソウル、ツインレイの違い

ソウルメイトとツインソウル、ツインレイの違い

占い師に恋愛に関する悩みごとを相談しているときに、「ツインソウル」とか「ソウルメイト」、「ツインレイ」という言葉を聞いたことがありませんか?

聞いたことはあっても、よくその意味がわからない、それぞれどう違っているの?という方のために、下記に簡単にその意味を書いておきますね。

「ソウルメイト」とは?

あなたと前世から縁のあった人のこと。

今世でも、親子、兄弟姉妹、友人、会社での同僚など、すでに会っている人、これから会う人も含め、周りにゴロゴロいる。

ロマンチックな関係だけとは限らず、嫌悪や嫉妬などマイナスの感情を抱く相手という場合もある。

互いに魂を磨き、成長させるために出会った人、出会う人すべてのことを指す。

「ツインソウル」とは?

もともと1つの魂だった存在が、2つに分かれて生まれてきたもののこと。

今世では出会わない人もいるが、出会った場合は魂を磨くため、厳しい試練を互いに課し、結局は別れてしまうことが多い。

身体的な特徴として爪や手の形が似ていたり、誕生日が近かったり、名前が似ていたりすることもあるという。

ツインソウルは12人ほどいると言われている。

「ツインレイ」とは?

あなたにとって唯一無二の「運命の人」。

もともと1つの魂だった存在が、2つに分かれて生まれてきたもののこと。

ツインという言葉がつくだけに、身体的な特徴や、誕生日や、名前が似ているということもあるという。

ツインレイは、たいてい女性が「チェイサー(追う者)」、男性が「ランナー(逃げる者)」と呼ばれる状況に立つことが多く、大きな別離を体験するが、その後で必ず寄りを戻すと言われている。

なんだか似たような言葉が多くて戸惑ってしまいますよね。

私自身で言えば、私と双子の妹が、「ツインソウル」なのかな、と思います。

一卵性双生児なので、顔も体型も私とよく似ていますし、もちろん誕生日は同じ、名前も一文字違いです。そして妹はアメリカ、私はベルギーと日本を中心にして、それぞれ東と西に別れ、互いにスピリチュアル・カウンセラーとして 頑張っています。


関連記事:
ソウルメイトとは何か?を運命論から離れて考えてみる

関連記事:
ツインソウルとは不倫の言い訳なのか?スピ難民たちの不都合な真実

関連記事:
ツインレイとは?ダメンズウォーカーやダメンズメーカーを量産する言葉かも

自分と特別な縁のある人、と思えばいい

自分と特別な縁のある人、と思えばいい

結局、「ソウルメイト」や「ツインソウル」、そして「ツインレイ」などと難しく考えなくても、ぜんぶ総称して「縁のある人」と思えばいいですよね。

それに私たち日本人にとって、この「縁」という言葉には馴染みがありますよね。

「あの人とは縁がある」とか、「ご縁結びの神社に行ってきた」とか、日常の会話の中でも老若男女問わず、よく使われる言葉だと思います。

「ご縁があれば、出会えるでしょ」

・・・それくらい気軽に、自分と相手との関係を考えることができたら、コントロールされることはないのですが、やはり占いに相談に来られる方は、「今度こそ、絶対に、運命の人を見つけなくちゃ!」という切羽詰まった状態でおられるので、とても危険です。

どのように危険かは、これ以降に説明していきますね。

占いで診断されると起こること

占いで診断されると起こること

なぜ危険なのかと言うと、切羽詰まった心に余裕のない状態で占いを受けられると、占い師の言うことを鵜呑みにしてしまい、それしか選択肢はない、それだけが真実だと思い込んでしまうからです。

例えば、「アガスティアの葉」現象というものがあります。

これは南インド発祥の占いで、「アガスティアの葉」と呼ばれる数千年前に書かれた予言書に、個人の前世から未来世までの出来事が詳細に綴られており、個人の指紋によりその葉が識別できるとされているものです。

日本からも世界中からも多くの人がアガスティアの葉を探しに南インドまで出かけ、多額の費用を支払って、自分の未来を知りたがりました。


この「アガスティアの葉」がホンモノかニセモノかという論議は個人に任せるとして、

占いを信じる人というのは、このアガスティアの葉のように、「私の運命はすでに決まっていて、それを書いたものが宇宙のどこかにあって、占い師やチャネラーのような特別な才能を持つ人たちが、その情報を手に入れて私に伝えてくれる」という風に考えているのかな、と思いました。

参考記事:
占いや占星術、アガスティアの葉で運命が読めるメカニズムは統計学とコーチングで説明できる


次の章では、このような人たちが実際に占いで「将来のパートナー」についてこう言われたとしたら・・・をシュミレーションしてみたいと思います。

その人のことが気になりだす

その人のことが気になりだす

もしあなたが、占いで、「あなたはすでにツインソウル(またはツインレイ)に出会っています。それは会社の上司の〇〇さんです」と言われたとしたらどうでしょう?

きっと、今まで意識したこともない〇〇さんだったのに、急に気になりだすのではないでしょうか?

それは「あの人が私のツインレイなんだ!」と思い込むことで、現実がそのように変化し始めるからです。

その人のことを考える時間が増える

その人のことを考える時間が増える

そして次に、その人のことを考える時間が増え始めます。

常に〇〇さんの行動が気になって、「彼は休日には何をしてるんだろう?」とか

「彼にはお付き合いしてる人っているのかな?」とか、いろいろ考えてしまいます。

〇〇さんの姿が見れない週末は、余計にイライラしてしまい、彼が行きそうな場所を探して出向いたりしてしまいます。

そして、ついには一日中、〇〇さんのことで頭はいっぱい、仕事も家事も何もかも手につかなくなってしまうのです。

私も経験があるのですが、「あの人あなたのことが気になってるみたいだよ」と友人から言われて、

今までは考えたことすらなかった相手のことを、急に意識し始めたことがあります。

意識し始めると、相手をチラチラ見てしまうので、それを見た相手も、「もしかしたら向こうも自分に気が合ったりして?」と誤解させてしまい、

最初はまったく気にしていなかった相手なのに、何となく「疑似恋愛」しているみたいな気持ちになっていきました(汗)

いつの間にか恋愛感情になる

いつの間にか恋愛感情になる

そうやって相手のことを考える時間が増えてくると、人間の脳って相手を好きだ、相手に対して恋愛感情を抱いている、と勘違いするそうです。

かく言う私も、上記の彼に対して、だんだんと特別な感情を抱くようになっていきました。

もともと相手は私に好意を持っていたので、それから後は自然にお付き合いするようになっていったのです。

それって、自分の意思じゃないよね

それって自分の意思じゃないよね

私の場合は、友人に言われて意識し始めたのですが、占いで「あなたの相手は〇〇さんです」と言われた場合にも同じことが当てはまります。

例えば、「あなたの相手は背の高い人で、あなたよりかなり年上の人で、旅先で出会うでしょう」なんて言われたら、無理に旅行の予定を立てたり、その旅行先では背の高い人ばかり探したりするでしょう。

でも、ここで考えてほしいのは、その人はあなたの意思で決めた相手だったかどうかです。

もともとあなたは背の高い人が好きでしたか?

かなり年上の人が好きだったでしょうか?

占い師にそう言われたから、その人が気になり始めたのではないですか? そんな気持ちで相手を探し求めても、相手に対する検索範囲が狭いので、相手を見つける可能性はかなり狭まれるでしょう。

私の場合も、お付き合いを始めてすぐに、魔法から覚めたように彼のことを友人以上には考えられないことに気づき、お別れすることになりました。

これは彼を相当傷つけ、傷ついた彼を見て私もまた傷つきました。

恋愛のきっかけはなんでもいい

恋愛のきっかけはなんでもいい

誤解のないように言っておきたいのですが、占いを恋愛のきっかけにすることに対して反対しているのではなく、占いの結果を鵜呑みにして、それだけがすべてと思い込んでしまうことは危険ですよ、と言いたいのです。

言い換えれば、いろいろなことが恋愛のきっかけになりえるということです。

例えば、恋愛のきっかけの一つとして、「結婚相談所」もアリだと思います。

私の知り合いに、複数の「結婚相談所」に登録している人がいます。

彼女は、「もう1年以上も婚活してるのに、なかなかいい相手に出会えない・・」とよくボヤいていました。

よくよく話を聞いてみると、「相手の条件はね、背は175センチ以上で、次男か三男で、年収は・・」と出てくるわ出てくるわ。

そんな風に、条件をたくさん挙げていると、出会える可能性はますます低くなっていきます。

ですので、最初は広く大きく、「縁を探す」つもりでいるといいのです。

条件など何もつけなくていいくらいです。

それこそが、私たち日本人が昔から大切にしてきた「ご縁」というもので、恋愛のきっかけや、場所や、その他の条件などはなんでもいいということなのですね。

占いや運命にハマりすぎるのは危険

占いや運命にハマりすぎるのは危険

占い師が言った言葉や、「アガスティアの葉」に書かれている通りに、自分の運命はすべてが決められていると思い込んでしまうと、とても危険です。

そう思い込んでしまうと、ものごとを理性的に考えられなくなったり、現実的に見なくなったり、人を思いやることもできなくなってしまったりと、いろいろと支障が出てくるからです。

私が中学生の頃のお話しです。

私にはAとBというクラスメートがいました。

AとBともに好きな共通のアイドルがいました。

アイドルのような人気者の彼女になれる可能性なんてほとんどゼロなのに、二人はいつもどれだけ自分の方が相手を好きかとか、相手のことを知っているかで争っているように見えました。

ある日Bが、Aの家に木刀を持って殴り込んで行ったのです!

BはAの父親に捕らえられ、警察に連れていかれました。

Bはどうしてそんなことをしたのか?

Bの母親によると、Bはその頃占いにハマっていて、いろいろな種類の占いを試していたようです。

Bの中の価値基準は、「自分にとって嬉しいことを言ってくれる占い師がホンモノ」だったそうで、ある占い師から、こう言われたことがあったということです。

「あなたと〇〇くん(アイドル名)は、ファンとの交流会で出会って、お付き合いすることになりますよ。でも、あなたのそばにそれを妬む子がいて、彼女が原因で、お付き合いできなくなる可能性も・・・」

その結果の彼女の愚行だったようです。

このように、占いにのめり込み過ぎると、その占いによって反対に運命が狂わされるということもあるのです。

運命とは、自分がその瞬間瞬間で選択してきたことの積み重ねです

自分がその瞬間瞬間で選択してきたことの積み重ねで、自分の過去が作られ、そして未来が作られていきます。


関連記事:
占い師&当たるで検索すると驚愕?!の結果が表示されます

関連記事:
占い師 恋愛運が当たるのはなぜ?相談すべき人を選ぶコツ

関連記事:
宿命と運命の意味の違いとは?宿命は初期設定、運命は変えられる

自分の感情や思考に自信と責任を持とう

占いの結果に一喜一憂するよりも、自分の感情や思考に向き合うことによって、自分の運命をその瞬間瞬間で決定していくことが大切です。

占いで相性がいいと言われたから、ツインソウルだと言われたから、というのではなく、もともと自分は誰が、どんな人が好みのタイプだったのか、もし好きな人がいるなら、なぜ、どんな経緯でその人が好きになったのか、をきちんと見ていくことです。

自分のソウルメイトやツインソウル、ツインレイを含めた運命の手綱は、占いやどこか外にあるものではなく、自分でとっているんだ、という感覚が必要です。


そして自分が決定してきたときの感情や思考に自信を持ってほしいのです。

自信を持つことで、責任が生まれます。

そして責任を持つことで、スピリチュアルの目的である、「よりよく生きるためのスキルを磨いていく」ことができるのです。


関連記事:
責任を英語で考えると本来のポジティブな意味がわかる


関連記事:
必然性の視点で人生を生きる!スピでありつつ地に足をつける生き方

関連記事:
必然的に私の人生は最善の結果を受け取れる、という最強のアファメーション

魂のつながりは、ウキウキワクワク設定だと割り切る

魂のつながりは、ウキウキワクワク設定だと割り切る

「ソウルメイト」、「ツインソウル」、「ツインレイ」。

確かにこういう言葉を聞くと、ウキウキワクワクしちゃいますよね!

「運命の人」感を盛り上げる言葉ですし、ついつい妄想してしまうのもわかります。

でも、「これは妄想なんだ」ってことをわかった上で、ウキウキワクワクしてほしいんです。そうでないと、妄想と現実の区別がつかなくなって、傍からドン引きされてしまうようなことを言ったり、したりしてしまいますから・・(汗)

「これは妄想なんだ」と意識した上だと、決して自分の主導権を自分以外の何かや誰かに渡すことがありません。「自分軸」で自分の運命を自分で決めていくことができるのです。


ちなみに、スピこじ編集長もツインソウル(ツインレイ?)と思われる女性との別れをきっかけに、意識面の大きな変化があったそうです。

こちらの動画で恋愛遍歴なども含めて語っています。


ソウルメイト、ツインソウル、ツインレイを呪いにしないために【サトリの恋愛遍歴】

夫婦やパートナーの間だけで楽しむのはオススメ

夫婦やパートナーの間だけで楽しむのはオススメ

そうは言っても、カップルで占いを楽しむのはアリだと思います!

というのは、カップルだと、「何としてでも私のツインソウルを見つけなきゃ!!」って鬼気迫るものがないんですね。だから、純粋に占いを楽しめる余裕があるんです。

占いを信じない私でも、ときどき、パートナーと占いをして楽しむことがあります。彼は外国人なので日本の「干支」など知らなかったのですが、「干支占い」を通して干支を説明したりして、ちょっとした文化交流にもなりました(笑)

繰り返しになりますが、占いを楽しめる余裕のあるときに占いを参考程度にして、占いの結果を信じ込んで、それにコントロールされないでくださいね。あなたの運命は、あなただけが決定できるものなのですから・・。


恋愛とスピリチュアルに関しては、こちらの動画で語っているスタンスがオススメです。

恋愛にスピリチュアルを役立てる

この記事のまとめ

この記事のまとめ

さて、ここまで占いに関してお話ししてきましたが、あなたの運命を決めるのは占いではなく、あなた自身であるということがおわかり頂けたでしょうか。

「占いをしないで」とか「占いはニセモノ」と言っているわけではなく、ただ、占いの結果に一喜一憂したり、我を忘れてのめり込んで、人生の主導権を占いに委ねてほしくない、ということです。

この記事が少しでも、悩んでおられる人のお役に立てれば幸いです。

  • ツインソウル(運命の人)を占いで探すのは危険!
  • ソウルメイト、ツインソウル、ツインレイの違いとは?
  • 「ツインソウル」を、日本人にお馴染みの「ご縁のある人」と考える
  • 占いの結果だけが、唯一の選択肢だと思い込んでしまうことの危険性
  • 占いの結果を脱ぎ捨てた「本当の自分」の意思を見つめることが大切
  • 自分の感情や決定に、自信と責任を持つ
  • 魂同士の繋がりは「妄想」とわかった上でウキウキワクワクするのがいい
  • カップルで占いを楽しむのはアリ


参考記事:
恋愛と引き寄せの法則 ソウルメイトやツインソウルとの出会い、別れ



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログの内容が役に立った、と感じた方は下のランキングバナーを押していただけるとうれしいです^ー^

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

本気で人生を変えたいあなたへ

最後まで私の記事を読んで下さってありがとうございました!

スピリチュアル・カウンセラーとして12000名以上のクライアントと接してきた中で感じたことは、多くの方が「付け焼刃のスピリチュアリスト」、「フワキラ系のスピリチュアリスト」 の役に立たない情報の波に翻弄されてしまっている、ということでした。

悩みを解決するどころか逆に溺れてしまっている現状に、「本物のスピリチュアル」「役に立つスピリチュアル」を伝えていくべきとの考えから、サトリさんのブログでライターをさせて頂くことにしました。

一人でも多くの「スピリチュアル難民」が、自分の求める道を見つけることのできるような記事を提供していきたいと思っています。

話は逸れますが、私は幼少の頃から無類の本好きで、通学・通勤途中での信号待ちの数分間も、本を開いて読むというほどでした。

それは現在でも続いており、年に1度の里帰りの際には、日本語の本を60冊ほども買って来るほどです。

特に興味のある分野は、仕事でもあるスピリチュアル関係とアート関係、そして自己啓発関係、小説などです。

しかし、その60冊の中でも本当に読んで良かったと感動できる本は、1-2冊です。残念ながらそのほとんどが、大切なお金を出して買ったこと、大切な時間を使って読んだことを後悔するようなものなのです。

ベルギーに移住してから、自身のブログを立ち上げ、こちらでの生活について、スピリチュアルについて、アートについての情報を少しづつ発信してきたのですが、その際に色々な方のブログも見て回るようになりました。

しかし、ほとんどのスピリチュアル系、自己啓発系の方たちのブログの記事は、内容の薄いものであったり、「売りたい」エゴが先走ったものであったりと、心に響いてくるものがありませんでした。

そんな時目に留まったのが、唯一サトリさんのブログ「悟りの書 ~左脳系スピリチュアルのススメ~」だったのです。

読み応えたっぷりで、各記事で伝えたいことが最初から最後までブレていないので理解しやすく、私がクライアントに指導してきた「地に足のついたスピリチュアル」について書いておられることから、「この人はすごい!」と、たちまちファンになってしまいました。

今まで読んできた本は何だったのか、と比較すらできないほど興味深い内容で、次から次へと記事を読みふけってしまいました。

その流れで、サトリさんのオンラインプログラムを受講させて頂いたのですが、メールと音声と動画での立体的な学習構成で、とてもわかりやすく、かつ実践的です。

信じられないことに、こんなに充実した質の高い内容を気前よく無料で提供して下さっているので、本物のスピリチュアルを知り、役に立つスピリチュアルを実践したいという方は受講して絶対に損はないです。

というより、受講しないと損です。


ぜひ、ご一緒に学んでいきましょう!

サトリ式ビジネス講座